伊藤慎一のつぶやき

仙台市にあるセントラル第一歯科クリニック院長のブログです

麻雀放浪記

雀聖と呼ばれた阿左田哲也(作家の色川武大)が活躍した戦後の混乱期はとてつもなく強い麻雀打ちが日本中にいたようです。

当然手積みの時代で今のような全自動麻雀卓など探してもどこにもありません。

一瞬にしてかきまぜた牌の位置を記憶しさいころを自在に操り雀荘で勝ちまくったつわもの達がいたいたのも遠い昔です。

 

雀鬼こと桜井章一は20年間負けなしと豪語していますがまんざら嘘でもないのはそれに異論を唱える人が出てこないことからも明らかでしょう。

 

ホテル仙台プラザがまだ健在だった時にそこの社長に誘われて毎週卓を囲んでいましたが、フルブライト奨学生でアメリカのコーネル大学に行っただけのことはある凄腕でした。

 

最初は全く歯が立たなかったのが次第に対等になり、ホテルの経営が傾き始めてからは次第に勝てるようになりました。やはり勝負事は心に何か引っかかることがあるといけないようです(^^)。

 

ホテルがなくなってからは街の雀荘でひどいインフレマージャンに誘われて脂汗を流しながら楽しみましたが、その時バブルの頃は酷かったと話を聞かされました。一晩でものすごいお金が飛び交ったそうです。

 

先日後輩と患者さんのおうちで満開の桜を眺めながら4人で家庭麻雀を楽しんできました。

コンビニおにぎりを頬張りながらアイスクリームを舐め舐めのほのぼの麻雀もいいものです。仕事のストレスが吹っ飛びました。

 

それにしても奥様は強かったなあ!かないません(^^)。

オーディオにおけるエイジングとは

一昔前のオーディオ最盛期に良く言われたのはこの新しい器械は少しエイジングが進めば素晴らしい音になるでしょうという言葉でした。

 

このころのマニアはオーディオ機器を果物やワインと似たものとして時間による熟成を信じて疑わなかったようです。

でも真実は「クズはいつまでたってもクズ」である日突然いい音になんて決してなりませんでした。

 

これはメーカーサイドの希望がさんざん盛り込まれた言葉で、今は発売直後で大したことは無いが使いこなしで音はどんどん良くなりますよというだましにも似た悪魔の言葉でしたね(苦笑)。

 

本当のエイジングとはもともとよかった音がワインの熟成のように周辺機器の進化でますますその真価を発揮していくことにほかなりません。

だからメーカーやその太鼓持ちのひも付き評論家の言う「そのうちもっと良くなりますよ」は悪魔の言葉として捨て去られなければいけないのです。

 

機械ものは毎日劣化していくので今日より明日の方が性能が良くなることは絶対にありません。

お花見

昨日朝から晴天で気温も上がったので蔵王の別荘から山形に花見に行ってきました。

 

南の一般道から南陽市に向かい、烏帽子山公園に行きましたが満開にはあと少しで残念でした。でも日光猿軍団のおさるさんの大道芸が見られてラッキーでした。

お昼ご飯は山形市内のそばの名店に行きそのあとで市内中心部にある城跡にある霞城公演のこちらは満開の桜を眺めて帰りました。公園内はお散歩のわんこでいっぱいでしたが全て洋犬で昔のような和犬がほとんどいないのは寂しい限りでした。

 

日本の桜は色味も開花時期も様々なので長い間お花見が楽しめるのがいいですね。

 

春の連休は実家の畑に野菜の植え付けをします。そのために冬の間に硬くなった畑の土を知人に頼んでユンボで掘り返していただき石灰をまいて土の中和をして牛ふんや化成肥料で土に命をよみがえらせる予定です。

 

ひとりでやるのは大変ですが収穫の喜びもまた格別のものがあり毎年途切れることなく畑仕事に精を出しているのです。

今年はナスときゅうりに葉物を植えようかな。あとは万病に効くウコンかな?

問題だらけのEV(電気自動車)

昨年猛暑に襲われた中国全土で電気自動車のバッテリー火災による車の消失事故は4000件にも上ったという。

 

一方で寒冷地では急速にバッテリー性能の低下が起こり、充電までの時間が倍増したり航続距離が半分になったりということが明らかになっている。

 

中国政府は盟友のロシアに膨大な数のEVを輸出したがその大半は極寒のロシアでは機能せずバッテリーの劣化により使い物にならなくなったためロシア政府は中国からのEVの輸入を禁止してしまった。

 

寒い所が駄目なら暑い所はいいだろうと考えた中国政府は今度は暑いメキシコに輸出攻勢をかけたが、観光地のコパカバーナでは暑い砂漠では日中の気温が50度にもなるところが多く、リチウムバッテリーが耐えきれずに爆発炎上する事故が続出しこれもダメだと学習した。その挙句の自国の爆発炎上だから頭が痛いことだろうとお悔やみ申し上げる。

 

アメリカでいま一番売れているのはトヨタのハイブリッド車で前年度の倍近くの売り上げで買うならトヨタ!というのが合言葉になっている。ガソリン車回帰があらわになっているとみて間違いないだろう。

 

ガソリンもハイブリッドも水素もなんでもあるトヨタは世界の車づくりのトップをひた走り、儲けた金をさらに研究に費やしているので今や無敵だ。

日本ではホンダと日産がここ数年電気自動車を中心にを推進してきたのでこれはいかんと慌てて同盟を結んだのは記憶に新しい。

 

値段が高くて温度変化に弱い電気自動車は一時のあだ花に終わるか、あるいは10分の充電で1000キロも走れるトヨタの全固体電池が世界をけん引していくのかは目が離せない。

 

中国のナンバーワン電気自動車メーカーのBYD(Bild Your Dreamいい名前だね!)は鳴り物入りで日本に上陸しましたが昨年上半期の販売台数わずか533台でした。

早々の撤退が考えられます。

 

はやりすたりは一瞬で、台湾から来たタピオカドリンクも一年もせずにしぼんでしまったのは記憶に新しい。

BYD、グッドラック!

 

台湾大震災発生す!

先月末の台湾旅行から帰って一息ついていたら三日後に物凄い地震が台湾東部の大都市で発生し、マグニチュード7.7だそうですから東日本大震災に匹敵する規模です。

 

タッチの差で我々は難を逃れましたがこれは悪運が強いせいでしょう。

すぐに向こうの親しいロータリアンからlineが入りました。

山が崩れたりビルが崩壊する場面の動画ですから本当に驚きました。

プロフェッサーさんはアメリカから帰って20年だけどこんなに強い地震は初めてだと言っていましたから台湾でも想定外だったのでしょう。

 

来週のロータリーの例会で義援金の話をする予定ですが中途半端な金額では失礼に当たるでしょう。

先の大震災の時に仙台の冠ロータリークラブは姉妹クラブの建成ロータリークラブから800万円の義援金をいただいたそうです。そのまま預金してあるそうなので今度はそれをお返しするのでしょうか。

 

我が仙台クラブでも何かのために役立てようとクラブファンドに積み立てをしていますからそちらからまとまったお金を出すことになると思います。

 

大震災後に姉妹クラブになったので震災時に向こうからいただいてはいませんが、情に厚い台湾の人たちに報いるチャンスだと思いためていたお金を支出するいい機会だと思います。

 

それとは別に個人でもまとまった金額を送るつもりです。

日本が受けた恩義をお返しするいい機会が到来したと考えましょう。

日本株調整す

昨年末から上がりに上がりきった日本株ですが、今日は米株の下落に伴い大幅に値を下げました。いわゆる調整です。

 

三月の年度末に各会社は配当を出して配当落ちをするのは折りこみ済みですから特に驚きはありません。

ここであわてて売らないことです。

 

今日の大きな下げは経済が絶好調なアメリカ経済に対してFRB連邦準備制度理事会が一年に三度くらいの利下げをするだろうとの憶測からもしかすると利下げはないかもしれないという憶測が広がったことにあります。

 

利下げをすればみんなお金を借り株を買いますがそうでなければ株にお金は回りません。なので利下げがなさそうだということで米株が売られ下落したことで日本株もつられて下がりました。

 

日本経済は円安のおかげで輸出企業は大もうけをしていて絶好調です。

下がったからと言って慌てて売らずにむしろ買い場が到来したと考えて値が下がった優良株を拾った方がいいでしょう。

年末にかけ日本株はますます上がるでしょう。怖いのは大震災だけですがなにやら最近あちこちで地面がうごめいていて不気味です。

 

あと一儲けしたい方は自己責任でどうぞ(^^)。

台湾との友好

先週末に四日間の台湾台北への旅をしてきました。

 

私がおよそ十年前に結んだ台北大龍峒ロータリークラブとの姉妹クラブの5年毎の更新の調印式と台北ロータリークラブの地区大会参加のためでした。

 

向こうの大歓待ぶりは以前と変わらずで物凄い御馳走と大量のお土産をいただいて帰国しました。台湾人のホスピタリティーは感動ものです。

 

特に仲の良い仲間とはいろいろ話をして楽しい時間を過ごしてきました。皆さんアメリカに留学されている社長さんばかりで言葉の壁はありません。

ニックネームで呼び合うので私はデンティストです。

台湾大学の工学部の教授をしていた方はプロフェッサーさんで、国立台湾大学を出た後アメリカのUCLAで博士号を取得しシリコンバレーの新しい会社に勤めて給料やボーナスをストック(株式)でたくさんもらったのをすべてお金に換えて大変なお金持ちで帰国したそうです。奥様も同じUCLAでしたから優秀なご家族です。

 

息子と娘をプロゴルファーにしたくてプロのコーチに付けているんだと言って動画を見せてくれました。素晴らしいスウィングに感動しました。やはりゴルフは小学生から始めないといけませんね。

 

彼は帰国して若くして台湾大学の教授になりましたが給料がばかばかしいほど安いのでさっさと見切りをつけてやめ、現在は世界中をスキーやゴルフをして遊んでいます。いいですね。

 

仙台に来た時は一緒にゴルフをしたり、蔵王に家族でスキーに来た時は蔵王のホテルに表敬訪問して大変喜ばれました。

 

二年後に台北でロータリーの世界大会が開かれる予定ですが、彼はその時に会長なので台湾で一番のゴルフ場を予約しておくので一緒にやりましょうと誘ってくれました。

 

台湾人は昔の日本人のような気質が残っており好きですね。

毎日大量のラインが来るのが難点ですが(^^)。

 

それと私と同時期に会長になったセブンさんは空港にオレンジ色のでかいハマー!でお出迎えに来てくれますが台北市内に400件の美容室を持っているそうです。

お正月に蔡英文総統からもらったというお年玉を持ってきてくれました。

ハッピーニューイヤーと書かれた真っ赤な台紙を開くと、中には純金の記念のコインが入っていました。これには驚きました。次期総統とも仲がいいと言って写真を見せてくれたので、おそらくは民進党のスポンサーになっていると思われます。

 

台湾のロータリアンは社会奉仕活動に一生懸命な超お金持ちばかりです。